東京で日本語講師を目指すには

日本語講師になるためには、様々なルートがありますが、医師や弁護士、教員資格のような国家資格はありません。


資格がないとプロになれないといういうことではなく、実務の知識や技術が資格を取ることによって判断されます。

逆を言えば、実務経験があっても、資格がなければ技術が低いと判断されてしまうこともあり、日本語講師になるためには資格は必要と言えるでしょう。
東京で日本語講師になるにあたり、次のいずれかの条件を満たすことが必要となります。


1つ目に、日本語教育主専攻または副専攻修了者であること。
2つ目に、日本語教育能力検定試験の合格者であること。

日本語講師の東京のお得情報を公開します。

3つ目に、学士の学位を有し、かつ日本語教師養成講座420時間コースの修了者であること。

この3つのどれかを満たすためのカリキュラムを組んだ専門学校が、東京には数多くあります。

たくさんある東京の専門学校の中で、実際にどこを選ぶべきなのか悩んでしまいますが、インターネットのサイトでは、評判のが高い専門学校のランキングも紹介されています。

料金や費用、就職実績の高さや学生のクチコミを見て、自分に合った学校を探すことができます。
日本語講師は、ただ日本語を教えるだけでなく、日本の文化や伝統を伝えながら、日本語を教えることになります。



単に言葉を教えるだけはなく、日本人とコミュニケーションができる術を教える仕事といえます。このように、日本語講師は魅力ある仕事として、年々人気が高まっています。